■フレーム:基本■

*-*-*-*-* フレームとは *-*-*-*-*

ページを分割するときに使うタグです。

例えばこのHPは

 ●メニューの部分
 ●メインの部分(一番広いとこ)
 ●ランキングの部分

のように分かれていますが、その時、
ファイル3つ+3つのファイルを1つにまとめるファイル
計4つのファイルを用意しなければなりません。


*-*-*-*-* フレームを組んでみよう *-*-*-*-*

まず、表示させたいファイル、[1]・[2]を用意するとします。
そして、2つのファイルをまとめる[3]を作ります。
重要なのが、[3]のフレームタグです。

[3]のソースはこう書きます。

<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<frameset cols="[1]の大きさ,[2]の大きさ">
<frame src="[1].html" name="フレーム名">
<frame src="[2].html" name="フレーム名">
</frameset>
</html>

※ 大きさは、数字または割合(%)で指定して下さい。
※ フレーム名はリンクを貼るときに必要になります。
  お好きな名前で構いませんが、ファイルごとに変えて下さい。
  (半角英数字のみ)


*-*-*-*-* もうちょっと説明(笑)*-*-*-*-*

●上記ソース内に書いた、frameset cols ですが、

 cols というのは、縦に割るという意味です。また、
 rows にすると、横割りになります。

●大きさは数字か割合でとしましたが、片側のみ決めて、
 もう片方は、ウィンドウサイズに合わせる場合、

 * を書きます。(笑)わかりやすくかくと、

 frameset cols="300,*"

 このように指定できます。
 左側のファイルは横幅が「300」で固定され、右側のファイルは
 ウィンドウサイズによって任意で変わります。

 サンプル
 ウィンドウサイズを変更しても[1]の横幅は変わりませんv
 あ、幅を300以下にすればそりゃー小さくなるけどね?(笑)