■ フレームに関するタグ

frameborderフレームとフレームの間の線。

●線をつける時は、
 <frameset>タグ内に、frameborder="yes"
●なくしたい時は、
 <frameset>タグ内に、frameborder="no"

framespacingフレームとフレームの間の空白。
設定しない状態では、フレーム間に白く残る部分があります。

●空間をなくしたい時は、
 <frameset>タグ内に、framespacing="0"
●空間の大きさを調節したい時は、
 <frameset>タグ内に、framespacing="数字"

scrollingスクロールバーの有無。
設定をしない状態では、スクロールバーが付きます。

●スクロールをなくしたい時は、
 <frame src="アドレス.html">内に、scrolling="no"
●スクロールさせたい時は、
 <frame src="アドレス.html">内に、scrolling="auto"

nameフレームに名前をつけます。
リンク先をそのフレームに指定するときに使います。
(リンクのタグの中に、target="フレーム名")

●<frame src="アドレス.html">内に、name="好きな名前"

※ フレームに対応していないブラウザに対するメッセージ。
  見れないなんてこと、そんなにナイんだろうけど。(たぶん。)

  最後の</frameset> の前に、↓こんな感じで。
  メッセージは自由です〜。

  <noframes>
  <body>
  当サイトはフレームを使用しています。<br>
  このブラウザではご覧いただけませんm(_)m<br>
  バージョンアップをおすすめします。
  </body>
  </noframes>

−−−−−

■ ボーダーを装飾しよう

テーブルの飾りつけと同じ要領でいろいろ飾りつけできます。

例えば、このようなファイルがあるとします。

サンプル

左側のファイルのボーダーに装飾します。

●ピンクの細い線で囲う。// サンプル
  style="border:1px solid hotpink;" 

▼サンプルのソース

−−−−−

●右側にオレンジのドット線。// サンプル
  style="border-right:3px dotted orange;" 

▼サンプルのソース

−−−−−

●上下にブルーの二重線。// サンプル
  style="border-top:3px double blue;border-bottom:3px double blue;" 

▼サンプルのソース

−−−−−

●緑の凹線(笑)で囲う。// サンプル
  style="border:8px outset lightgreen;

▼サンプルのソース